>

生ゴミは処分できない

食品類は受け付けていない

生ゴミは、回収してもらえません。
ゴミでなくても食品は、何でもダメだと覚えておきましょう。
生ゴミや食品を処分する場合は、燃えるゴミの日に出してください。
1週間に2回ほど、燃えるゴミを回収していると思います。
必ず決められた日を守ってください。
他の日に出しても、回収されないのでゴミがずっと放置されてしまいます。

それでは、環境の悪化に繋がります。
また地域によって、ゴミをお回収する場所が変わります。
新しい地域に引っ越す場合は、ゴミの回収場所もしっかり確認してください。
地域によっては、ゴミ袋に名前を書くなどのルールが決められています。
前回住んでいた地域とは、全く異なるルールかもしれません。
それでも、早く慣れてください。

危険物の定義を知ろう

ガソリンは、危険物に含まれます。
素人が処理するのは危険だと思われる不用品は、回収してもらえません。
ガソリンは、ガソリンスタンドに持って行くと処分してくれます。
しかしガソリンスタンドの中でも、処分できるところとできないところに分けられます。
しっかりと、ガソリンを処分できるスタンドに持って行ってください。

医療器具は、産業廃棄物に含まれます。
一般的な不用品回収業者には任せられませんが、産業廃棄物を処理できる許可を持っている業者なら任せられます。
普段利用している業者が、どんな許可を得ているのか調べてください。
産業廃棄物を任せられない場合は、別の業者を探さなければいけません。
面倒ですが、正しく処理しないと大きな事故が起こります。


この記事をシェアする